女性の幸福としての出産

出産

現代社会では、多くの女性たちが幸福な人生を送れるよう心から願っています。女の幸せは愛する人と結婚して一生添い遂げ、かわいい子供を妊娠して出産することだと信じている人は大勢います。しかし、晩婚化が進んでいる社会では、結婚適齢期を過ぎてもなかなか異性と出会うきっかけが少なく、婚活に励んでいる人も非常に増えているのです。女性たちは年齢を重ねれば重ねるほど妊娠する確率が下がっていくことを知っています。そのため、できるだけ早く結婚相手を見つけ出して幸福な暮らしを手に入れたいと必死になっているのです。

結婚して子供を出産することによって、子育てのために会社を辞めざるを得ない女性は今なお多く見られます。しかし近年では、仕事を続けていきたいと願う女性たちが快適に働くことができるよう、短時間勤務や託児所などを用意する企業も徐々に増えてきているのです。そのような地道な取り組みが広がっていくことによって、男女が平等に生きていく理想の社会に近づくことができます。

このように、本当の幸福感を得るには、婚姻や出産だけではなく理想的な働き方や社会での自立を目指して社会全体が努力を積み重ねていくことが何よりも大切なのです。

新郎新婦

女性と経済的幸福

経済的

ある労働経済学の研究者やその他の経済関係研究者などの多くが、容姿が良い人はそうで無い人に比べて生涯年収が2,000万以上違うと発表しています。そして女性の方が、よりこの影響が高いのです。例えば、容姿を生かした仕事が出来る、買い物や食事などの出先でサービスされる、男性に誘われる事が多く奢ってもらえる機会が増える、容姿に自信があれば外交的になるので出会いが増えて高収入の異性と親しくなるチャンスが多くなるなど小さな事から得をする機会やチャンス、出会いの量が変わります。

その結果、金額に換算すると容姿の良い人、特に女性は経済的に有利であるという事です。更に、そういった沢山の異性との出会いの中で、幸福な結婚生活を送れる相手を選べるという事もまた大きな利益です。結婚生活は、愛情だけでは成り立たない現実があります。離婚者の半数以上は、金銭的な問題がその理由という結果もあるくらいです。

したがって長い目で見て、得した人生を送るためにはやはり投資をしてでも良い容姿を手に入れる事が必要ということになります。生涯収入を考えれば、容姿を美しくする事は仕事であり、それが出来る人ほど仕事が出来るという事ができるでしょう。

抱き合う二人